FOOTBALL VISION ホーム ▸ 編集者一覧

編集長 柴村直弥

1982年9月11日生まれ
広島県広島市出身

小学2年生時にフジタSSでサッカーを始め、広島皆実高校2年生時に全国高校総体で優勝し、日本一に輝く。広島県高校選抜として出場した2年生時の国民体育大会で3位。中央大学では2年時に関東大学2部リーグ優勝及びベストイレブンを受賞した。
アルビレックス新潟シンガポールでプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせ、アビスパ福岡でJリーグデビュー、徳島ヴォルティスでは主将を務め、ガイナーレ鳥取、藤枝MYFCでもプレーした。
2011年ラトビアの強豪FKべンツピルスへ移籍。同年のUEFAヨーロッパリーグでは2回戦、3回戦の全4試合にフル出場した。日本人初となるラトビアリーグ及びラトビアカップ優勝を成し遂げ、国内2冠を達成。翌年のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。
国内リーグ最多優勝並びに当時アジアで唯一AFCチャンピオンズリーグ(以下ACL)全大会(10回)に出場していたウズベキスタンの名門パフタコールへ移籍し、ウズベキスタンリーグでプレーする初の日本人選手となった。ACLにも出場し、日本人で初めて西地区のグループでACLに出場した選手となった。熱烈オファーを受けて移籍したFKブハラでは2シーズン在籍してリーグ及びカップの全公式戦に出場。ウズベキスタンカップでは3位となった。
現在はポーランドのOKSストミール・オルシティンでプレー。

▸ 柴村直弥 公式Webサイト